よもぎ蒸し~おすすめのタイミングがあります!

おはようございます。紅葉が綺麗が色づいてきて、秋まっさかりですね。

お布団でぬくぬくする時間が幸せな時期です。身体は冬に向けて、ますますお休みモードに入っていきます^^ なので、もしこの時期に活動的になれない自分がいても、自然の流れなのでそんな自分を味わってみてください♪

今日は、よく質問を受ける「よもぎ蒸しをするタイミング」についてです。

私のおすすめ(実践していて、自分でとてもよもぎ蒸しに助けられると感じているタイミング)は↓

1.生理の直後(ほとんど終わったのだけど、すこーしだけ最後の経血が出てる時も

生理の直後によもぎ蒸しをすると、子宮の中で本来出るべき残りの経血が出るので、すっきり生理が終わります!これは本当におすすめです。私はもう出ないのですが、はじめてこのタイミングでよもぎ蒸しをした時は、翌日にどろっとした経血が出ました。これが瘀血(おけつ)という、不必要な血(めぐりの悪い血)となり子宮に残っていると、冷えや不調の原因になると言われています。このタイミングは私は必ずしています♪

2.生理前(特にPMS(月経前症候群)の不快な症状がある時)

生理前は、むくみが出たり、便秘になったり、イライラしたり、頭痛がしたり、、と不快な症状が出ますよね。私はそうした症状がある時は、必ずよもぎ蒸しをします。こういう時のよもぎ蒸しは、黄土ではなく、木の椅子と電気鍋を使ってたくさんスチームが出る方を私は好んで使っています。フレッシュなハーブを入れたり、リラックスできるお花のハーブチンキを入れて、たっぷり汗をかきながらやさしい香りを吸い込んだり、身体全体から生薬たっぷりのスチームを吸収できるのでお肌もしっとりピカピカになります。

3.新月前後

新月は浄化やデトックスに最適なタイミングです。月の満ち欠けを味方につけることができます。新月前後を狙ったよもぎ蒸しのおすすめは、汗をたっぷりかく木の椅子を使った方のよもぎ蒸しです。身体もそうですが、気持ちもクリアにできるように、精神性を重視したハーブチンキを使います。水に強いパワーストーンも一緒に蒸されると、石がピカピカになります!お試ししてみてください。

4.満月前後のタイミング

満月は吸収力がアップするタイミングです。また、月の影響で気持ちが高揚したり(ケンカや事故が多いと言われています)もするので、ハーブや漢方の生薬をたっぷり吸収するよもぎ蒸しをして、心も穏やかにすると、月のパワーももらえます。改善したい気になる症状がある方は、特に満月のタイミングで黄土の椅子のよもぎ蒸しがおすすめです!いつもよりたっぷり吸収できるし、月の満ち欠けのリズムに自分を合わせることは、ロマンチックだしとても女性的な感じがします(私の感覚ですが(;’∀’))。こういうことを大事に生きていくことは、時に単調に感じる毎日をイキイキと生きるヒントになります。

膣の粘膜からの経皮吸収は、腕の内側の柔らかい部分の約43倍の吸収率があります。お風呂にハーブなどを入れて吸収することももちろん日々のメンテナンスでとても大切ですが、お湯で薄まってしまうので、よもぎ蒸しは特別に効果が期待できるのです。吸収された生薬は消化器官を通さない分、ダイレクトに血液やリンパ液に入って身体中をめぐります。

よもぎ蒸しは、汗をかくことやデトックス効果に注目が集まりがちですが、私はそれは副次的なことだと考えています。ですので、スーシュではよもぎ蒸し後のお鍋に老廃物が出ているかなどはお見せしていません。スーシュで大事にしていることは、安心して受けていただける素材を使った、植物のチカラを最大限効果的にいただくよもぎ蒸しです。FT(フィンガーテスト)で経絡の滞りをチェックして、お客さまにあわせた調合をするのも、一回のよもぎ蒸しで使う植物のチカラを最大限に活かしたいという点もあります。そして、もちろん、大切な時間を使って受けていただくお客さまにも最大限にその効果を感じていただきたいこと。お客さまの経絡の滞りも流せるし、チカラを分けてくれる植物も活かされるので、みんながハッピーになるベストの形と考えています。

ぜひ、スーシュのよもぎ蒸しを生活のリズムに入れて、女性としての人生・日々を楽しむツールにしていただけたら、とても嬉しいです♡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。