ネッシン療法あれこれ(妊婦さん・胎児へのネッシンetc.)

こんにちは!2019年も最後の月に入りました。
年末に向けて、忙しい日々をお過ごしと思いますが、みなさんお元気でしょうか??

私も、今月は今週末に合気道の初段の審査、ネッシン療法と経絡伸展の講習、自然農の田畑関連では、はざかけしているお米の脱穀、もみすり、餅つき、しめ縄作り、、、、と盛りだくさんです。
大掃除もしなくちゃいけないし、気持ちが焦りますが、心を落ち着けて今年の残りの日々を丁寧に生活したいです(目標!)。


さて、とても嬉しいことに、だんだんとネッシン療法の効果を感じて、ネッシン療法だけを施術に受けに来られる方も増えてきました♡
ネッシン療法は、妊娠中の方も、男性も、子ども、赤ちゃん、動物も、どなたでも受けることができます。身体が不自由な方やお年寄りも、やさしくふんわりと温めたネッシン棒で刺激していくだけなので、固くなった関節を傷つけたりすることはありません。

やさしい刺激なのに、かなり深い作用が期待できます。

痛みがある方は施術後に痛みがなくなったり、腕が上がらない、首が回らないなども施術後に上がるようになったり、回るようになったり、、と多くの方がすぐに効果を感じられています。

妊娠中の方への施術は、うつ伏せができないなど施術を受けられる姿勢に制約がありますが、横向きで施術をするなどで全身調整します。母体の調整後、お腹の中の赤ちゃんの経絡調整をお母さんの身体を使ってしていきます。そんなことができるのも、ネッシン療法が経絡を調整するセラピーだからです。

東洋医学では、すべては氣(エネルギー)がまずあって、そこから肉体(物体)ができると考えます。氣の滞りがやがて、肉体に不調として出てきて、病気になると考えます。ですので、氣の滞りを流して、経絡(=氣が流れているパイプみたいなイメージ)の調整(お掃除)をすることが何より大切なのです。

誰でも受けることができて、心身を助けてくれるネッシン療法、本当にみんなにおすすめです。

今年頑張った心身のお掃除をして、新年を迎えませんか?

(男性の方で施術ご希望の方は、ご紹介がある場合、面識がある場合のみ施術を承っております。)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。